いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

山さと農園

山さと農園の野菜は佐藤さん一家の気持ちが詰まっています。
年間を通して60種類以上を栽培しています。
百姓の市やぷろばんす56朝市で買える他、市内の飲食店で食べることができます。

【この生産者について】

野菜を作り始めて30年以上になります。
有畜複合農業を実践しており、鶏の飼料や肥料を自作しています。
WWOOFの受け入れも行っています。

写真

佐藤さんは仲が良く、農業に対して一生懸命なご家族です。

7反の畑で年間60種類以上を栽培し、常に10種類以上が収穫できるようにしています。
無農薬・無化学肥料で栽培し、ボカシ(アミノ酸)肥料・もみ殻燻炭・鶏ふん堆肥を自作して施肥しています。

こちらは自然交配した小松菜系の野菜。
味がよく、環境の変化や病気にも比較的強いものが出てきます。

カラス除けにテグスを張り巡らせています。
これが無いとすぐにカラスにイタズラされてしまいます。

山さと農園で人気の自家製切り干し大根です。
県外にファンがいるほどの人気なんです。

ハウスでの栽培も行っています。
葉物以外にもたくさんの種類を栽培しています。

こちらは流行のパクチー。
扱っている野菜の種類は幅広いです。

春収穫のタマネギです。
まだまだこれから大きくなります。

中華料理で使われる葉ニンニクです。
ニンニクの風味があり、ニラのような使われ方をします。

養鶏も行っています。
鶏ふんは醗酵させて堆肥にします。
オスもいるので卵は有精卵になります。

飼料は米ぬか・くず米・魚粉・カキ殻石灰・もみ殻燻炭・食品残渣などを醗酵させて作ります。
冬場は1ヶ月、夏場は2週間ほどで出来上がります。
発酵する際に熱を発するので冬場でも手を入れると温かいです。
またボカシ肥料も同じように醗酵させて作ります。

もみ殻燻炭は自宅で作成します。
もみ殻を燃やすのではなく燻すことで灰にならず、炭になります。

栽培している野菜

その他
小松菜、大根、きゅうり、スナップえんどう、キャベツ、ニンジン、ジャガイモ、タマネギなど多数の野菜を栽培しています。

栽培野菜を提供している飲食店

山さと農園
山さと農園
いわき市遠野町入遠野字天王73-1
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top