いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

ファーム白石

白石さんは「旬」を意識した野菜作りをしています。
そして自然農法は植物の強さを引き出すんです。
市内レストランで食材として使用されている他、直売も行っています。

【この生産者について】

江戸時代以前より続く農家の長男として生まれました。(長利さんで8代目)
幼い頃から畑や田んぼが遊び場で将来農家として家を継ぐことも自然と考えられる環境だったそうです。
農家と消費者の橋渡しをする「畑の仲人」として走り回っています。
また【知産知消】とは『誰』が作ったものを≪誰≫がどのように食べるのかが分かる現代の様子を表現した言葉です。

写真

白石長利さんは農業イベントを積極的に開催し地域の活性化を目指す精力的な方です。

こちらは少し丸まり始めたキャベツ。

冬野菜がメインですが夏野菜の栽培も行っています。
約8,000㎡の畑では旬に合わせた野菜を育てています。

旬に合わせて栽培することで夏でも虫に負けない強さを持つことができるそうです。

いわき伝統野菜のもてねぎも作っています。

収穫まであと少しのブロッコリー。
「旬」は天候等で左右されるので植える時期などを毎年判断します。

こちらは白菜。
まだまだこれから大きくなるそうです。

白石さんの畑から見える美しい山々。
景色は綺麗ですが周りに風よけになるものが何もないので真冬の北風が辛いんです。
しかしこの気候によって野菜が自然に甘くなる特徴の畑です。

栽培している野菜

その他
ブロッコリー、キャベツ、ニンジン、ハクサイ、里芋(長兵衛)、大根、じゃがいも、キュウリ、ナス

栽培野菜のオススメポイント

無農薬・無化学肥料にこだわり、MOA自然農法で栽培を行っています。

栽培野菜を提供している飲食店

栽培野菜を買える場所

ファーム白石
ファーム白石
いわき市小川町下小川字味噌野16
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top