いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

遠藤農園

遠藤さんのブリーベリーは甘いと評判です。
家族みんなで力を合わせて栽培しています。
直売所で買えるほか、摘み取り体験もできます。

【この生産者について】

代々農家の家系です。
ずっと兼業農家でしたが平成11年から本格的にブルーベリー栽培を開始しました。
遠藤さんのブルーベリーは形も良く、甘くて美味しいと評判です。
2反弱の畑で10品種を300本程度育てています。
遠藤さんが育てているラビットアイは暖地向けの種類です。

写真

遠藤さんは協力してブルーベリー栽培を行う明るいご家族です。

遠藤さんはラビットアイブルーベリーを栽培しています。

現在は2反弱の広さに10品種、300本前後を育てています。

ラビットアイブルーベリーは暖地での栽培に向いており、ハイブッシュブルーベリーは寒地に向いています。
またラビットアイブルーベリーは口の中に種子が残るのも特徴です。

ブルーベリー栽培を始めたきっかけは、たまたま外出先で見つけたブルーベリーの育て方の本を読んで興味を持ったからです。
遠藤さんは今まで色々な野菜を栽培してきましたが現在はブルーベリーとジャンボにんにく(リーキ)がメインです。
牛の堆肥やもみ殻などを使用していますが、生育状況を見て毎回肥料を変えています。

木と木の間は車が入れるよう間隔を広くしてあります。
それによりブルーベリーの摘み取りもしやすいです。

ブルーベリーの木は定期的に手入れをする必要があり、せん定作業が大変なんです。

こちらはジャンボにんにく(リーキ)です。
珍しいから作ってみようと思ったそうです。

ジャンボにんにくは現在500株を栽培しており、今後はもっと増やす予定です。
いわゆる一般的なにんにくと違い、甘みがあり香りが弱いのが特徴です。
薬味としてより料理の材料として使われます。

栽培している野菜

その他
ジャンボにんにく(リーキ、エレファントガーリックと呼ばれています。収穫期:6月〜7月)

栽培野菜を買える場所

遠藤農園
遠藤農園
いわき市平赤井字日渡122
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top