いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

小林清

小林さんは代々続く農家の6代目です。
露地栽培で旬に合わせた野菜作りをしています。
市内の一部スーパーで買えます。

【この生産者について】

農家の6代目で、農業関係の学校に通っている時から専業農家になることを考えていました。
卒業後、縁あって就職が決まり勤めながら兼業で農業を続けていました。
できるだけ新鮮な野菜を食べて欲しいとの願いから朝採りのものを納品しています。

写真

小林さんは農業の道をずっと走り続けています。
露地栽培で堆肥を使った土作りをしています。

30アールの畑があります。
充分な栄養と太陽の光を浴びて美味しい野菜が育ちます。

葉タマネギです。
小林さんは小ぶりなタマネギを葉タマネギとして育てています。
使用するタマネギの色はオーソドックスな白や紫など様々です。

農薬を出来るだけ使わないようにするため「サンネット」を使用しています。
この「サンネット」は雨や風、日光は通しますが虫はアブラムシも通さないほどです。
技術が進み、より網目の細かいネットが登場してきました。

小林さんは美味しい野菜を作るため、新しい情報も取り入れて日々奮闘しています。

いわきで昔から栽培されているトウガラシです。
種まきの際、マスクをしても涙や鼻水が止まらなくなるそうです。
トウガラシは種をまいてから3ヶ月程度で収穫ができ、若い青唐辛子から完熟の赤唐辛子まで長い期間収穫することができます。

八頭芋の種芋です。
八頭芋とは里芋の品種のひとつです。
芋だけでなく茎も食べることができ火を通すと赤くなります。

栽培している野菜

その他
八頭芋(9月〜11月)、ダイコン、カブ、タマネギ、ニンジン、キャベツ、ブロッコリー、里芋など豊富な種類の野菜を栽培しています。
小林清
小林清
いわき市勿来町窪田稲荷塚6
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top