いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

マルウチ誓子梨園

いわき市内唯一の観光梨園です。
シーズン中、時季をずらして幸水、豊水の梨狩りが楽しめます。
直売所も併設しているので、もぎたて新鮮な梨が買えます。

【この生産者について】

いわき市内唯一の観光梨園としてメディアに取り上げられる機会も多く、梨狩りは幸水と豊水を主に行なっています。
宮内壽雄さん・誓子さんご夫婦で経営されており、壽雄さんの両親が行なっていた梨園を継ぐ形で梨農家となりました。
観光梨園として営業開始する前から誓子さんが切り盛りしていたので、園名に誓子さんの名前が入っています。
「マルウチ」は宮内家で使われてきた屋号です。
壽雄さんは勤めに出ていて定年退職を機に本格的に梨栽培を開始しました。
自然の中でコツコツと仕事をするのが元来好きな壽雄さんは梨栽培の仕事を楽しみながら行なっています。

【梨狩り情報】
期間:8月~9月(梨の生育状況により変動)
時間:9:00~16:00
料金:大人(中学生以上)700円/小人(保育園、幼稚園以上)500円
定休日:期間中無休
TEL:0246-21-5883
※果実の生育状況に左右されるので、ご予約いただいてからのご来園が確実です

写真

宮内さん夫婦の仲の良さが観光梨園として愛され続けている秘訣です。

約50アールの敷地で約200本の木を育てています。
写真は豊水です。
梨狩りは幸水と豊水で行なっています。
直売所ではその他に新高も買えます。

昭和50年に観光梨園として開業して以来、市内唯一の観光梨園としてメディアにも頻繁に取り上げられ、また地元との交流も積極的に行い地域貢献をしています。

梨園で栽培している梨の木の本数は幸水約120本、豊水約60本、新高約10本、涼豊が若干数です。

剪定作業は行う人によってやり方が違いますが、作業の結果で翌年の出来が左右されます。
大変な作業ですが壽雄さんが自分で剪定できるうちは梨栽培を続けていきたいと考えています。

直売所ではおみやげ用の販売を行なっています。
また発送も受け付けているので直売所の利用のみで来園するお客さんも多いです。

梨狩りではゴザや果物ナイフ等の無料貸出を行なっています。
もぎたての梨をその場でいただけるので年齢問わず喜ばれています。

観光梨園として開放すると畑の土が踏み固められたり、枝が折れてしまったりするので通常の栽培以上に苦労があります。
それでも手を抜くことなく美味しい梨を提供し続けることは宮内さんの生きがいです。
手間を惜しまず掛けて甘く実った梨は関わる全ての人を笑顔にします。

栽培している野菜

マルウチ誓子梨園
マルウチ誓子梨園
いわき市平赤井字畑子沢115
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top