いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

新妻ゆき子

新妻さんの野菜には元気が詰まっています。
伝統野菜であるじゅうねん、十六ささげ、親孝行豆の種を繋いでいます。
食処くさの根で料理に使用されています。

【この生産者について】

農家の3代目です。
いわきの伝統野菜は、元々家で食べる分を必要な分だけ作っていました。
じゅうねん(えごま)はメディアで話題になったことで出荷量が一気に増えました。

写真

新妻さんは明るい性格で細やかな気遣いのある方です。

こちらがじゅうねんです。
5月末に種まきをし、10月下旬に収穫可能です。

じゅうねんは約20アールで35Kgぐらいが収穫できます。

午前中のうちに根本の枝を刈り取り、干してから叩いて実を落とします。

収穫されたじゅうねんは泥や枯草などを洗って落とし、乾かしてから袋詰めします。

新妻さんは6次化産業にも挑戦しています。

じゅうねん入りのパウンドケーキです。
スイーツにも合うんです。

大久じゅうねん保存会のみなさん。

こちらはじゃんがら念仏踊りの文句(歌詞)に登場する料理です。
十六ササゲはお盆にお供えすることが多いです。
ひとさやが長く、中に16粒ぐらい入っていそうなことから「十六ササゲ」という名前になったそうです。

遠くに海が見えます。
景観が美しいだけでなく、高地であることで野菜が美味しくなるのです。

自家製のこんにゃくも作っています。
またこんにゃくに付ける柚子みそも作っています。

栽培している野菜

その他
十六ササゲ
・8月頃に収穫できます。
・収穫時期が非常に短く、5月末に種まきをしてお盆の頃に収穫します。
・天ぷらや胡麻よごしなどにすると美味しいです。

親孝行豆
・11月頃に収穫できます。
・お赤飯に入れると上品なピンク色になります。
・豆だけでなくさやも食べられます。
・さやが赤くなったものを収穫して乾燥させます。

栽培野菜を提供している飲食店

新妻ゆき子
新妻ゆき子
いわき市大久町大久字洞1-7
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

Page Top