いわき産野菜の「食べる」「お持ち帰り」「つくる」がまるわかり! |いわき野菜Navi

対象を選択

+

Evelyeat株式会社(エヴリート)

「毎日生き生きと食べてほしい」をモットーに安全・安心にこだわって栽培しています。
たしかな品質が消費者の信頼につながっています。
市内JA新鮮やさい館各店やいがっぺでお買い求めできます。

【この生産者について】

エヴリートは環境に優しい農業に取り組む生産者としてエコファーマーを取得し、土壌づくりから収穫まで安全・安心にとことんこだわった生産をしています。
米や麦、椎茸などを栽培し、収穫したものを使用した加工品も作っています。
会社名は「毎日(every)」「いきいきと(lively)」「食べる(eat)」の意味を掛け合わせて「Evelyeat(エヴリート)」となりました。
直売所やネットで注文販売されている米や椎茸、加工品にはリピーターが日本中にいます。
代表の木戸さんは10町歩の田んぼの作業受託を請け負いつつ12町歩の自分の田んぼも栽培しています。

【TEL】
0246-65-4860

動画

いわき野菜Navi生産者インタビュー

写真

エヴリートでは安全・安心にこだわり、お米、麦、椎茸を栽培している他、お惣菜、お弁当などの食品も製造しています。

米づくりには粘土質の土壌で栽培することで肥料の栄養分が長持ちし、甘くておいしいお米が作れます。
竹パウダー・米糠・籾殻・乾燥鶏糞などをバランスよく配合し、土作りからこだわって減農薬で作付けしています。

米はコシヒカリ、ミルキークイーンをメインに、毎年7種類ほどのお米を作付けしています。
純白で美しいお米をお届けするために色彩選別機を使用して着色米などをはじき出すことで、お米の品質がぐっと上がります。
毎朝直売所に納品するお米の加工品は地域の人に長く愛されています。

2020年から麦の生産、加工を行っています。

麦の品種「シュンライ」を加工した大麦粉や、「はねうまもち」を使用したもち麦などが販売されています。

1棟のハウスで菌床椎茸の栽培をしています。
国内産広葉樹オガ粉をメインに、国外(約10ヵ国)からの輸入穀物を原料に香り、味、栄養の良い所取りをした椎茸が収穫できます。

森と同じ環境を作るためハウスに黒いシートを二重に被せ直射日光を浴びせないよう温度管理を徹底しています。
椎茸は振動があると大きく育つので一つひとつを定期的に動かして大きくなるように育てます。

ハウスの上部には室温が30℃を超えると自動で開閉する空動扇が設置されており、温度管理をしています。

エヴリートの菌床椎茸は肉厚ジューシーで、男性の手のひらサイズの大きさが自慢です。
贈答用として多くの人から選ばれ続けています。

様々な広さの田んぼに合わせてトラクターなどの機械類も豊富に揃っています。
全ての機械の管理をするのは大変ですが、請け負いをしている田んぼの丁寧な作業から地域の方に信頼されています。

年に数回お米、椎茸、加工品を販売するイベントがエヴリートの敷地内で開かれます。
新鮮な農産物や作りたての加工品を求めに、遠くから買いに来るお客様もいます。

毎日口に入るものだからこそ品質にこだわり、消費者の安全、安心を第一に考えて農産物を作り続けます。
農産物や加工品を通していわきをもっと盛り上げる会社として活躍しています。

栽培している野菜

栽培野菜を買える場所

Evelyeat株式会社(エヴリート)
Evelyeat株式会社(エヴリート)
いわき市勿来町白米穂町49
Google Map

情報提供当時と現在の情報が異なる場合がございます。 ご了承ください。

Page Top